カナダは公用語が二つ

カナダには英語とフランス語、二つの公用語があります。

英語がメインなイメージですよね。

日本人にとっては、一つの国に二つ以上の公用語があることは不思議な感覚だと思います。

例えて言うなら、関東以北では日本語を話し、関西よりも西側は中国語を話すし、都市によっては

両方を使い、学校でも両方の言語を学ぶ、と言うような感じでしょうか。

なので、カナダ人は母語のほかにもう一つの公用語を学ばなければならないので、外国語を

学ぶ大変さを知っているので、留学生にとても親切です。

私は英語とフランス語の両方を学びたかったので、ケベック州モントリオールに行きました。

カナダで英語を学びたい人はバンクーバーやトロントなどの英語圏に行きますし、

フランス語を学びたい人はフランスに行きますので、フランス語圏のケベック州にはあまり

日本人がいません。

なので、日本人を頼ったり日本語を使う機会が少なくて語学習得には良い環境でした。

「この言語を話せないと生きていけない!」という危機感は、語学習得のスピードを速めてくれると

思います。

ケベック州はフランス語圏なのですが、モントリオールはユニークで、半分は英語圏

半分はフランス語圏という感じになっています。

正しく言うと、モントリオールはニューヨークのマンハッタンのように大きな島になっていて

西側半分は英語を母語とする人たちが多く住み、東側半分はフランス語を母語とする人たちが

多く住んでいるのです。

当然モントリオールに住む人たちは両方離せないと(特に英語)良い仕事に就けないので、

モントリオールは英語とフランス語のバイリンガル率が非常に高く、話す相手によって

どちらの言葉を話すか自然に変えます。

ある日、ホームステイ先のホストマザーがモントリオールからカナダの首都オタワに旅行に

二泊三日の旅程で連れて行ってくれました。

車で向かったのですが、モントリオールを出てオンタリオ州に入ってすぐにトイレ休憩もかねて

ファストフード店に入りました。

私はホストマザーとフランス語で会話していたので、何も考えずにそのお店で注文する時も

フランス語で話していたのですが、他のお客さんには英語で対応していたので、

「ここはオンタリオだから英語でいいのか。でも店員さんも当然のように器用に両方の言語を

使っているな」と感じました。

ちなみに、オタワにあるオタワ川の北側にハル(HULL)という町があるのですが、住民の

90%をフランス系が占めているので、ある意味フランス語圏のようです。

私はこのハルと言う町に住むホストマザーの友人宅に滞在したのですが、そのお宅ではフランス語、

観光でオタワに行けば英語、と言う風に使い分けました。

日本にいると、地続きで言語が変わるのは不思議な感じだと思います。

話す相手によって自分の母語でない言語二つを使い分けることは、最初は非常に疲れて頭が真っ白に

なっていましたが、この感覚を身に付けることができて、大変良い経験ができたと思っています。最高のセブ島留学が安い

英語学習法3−9
心の童話
女性の人生
お小遣いNET
オーディオ
ショッピングカート

童話
クレジットカードの即日発行じゃけん

初値予想
住宅リフォーム総合情報

コメントを残す